【PR】

QuQuMo
「お持ちの請求書」を最短2時間でスピーディに現金化する売掛金買取サービスです
他社で断られた経験のある方も1度ご相談ください!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


QuQuMo(ククモ)


メンターキャピタル
赤字・債務超過・個人事業・税金滞納でもOK!・審査通過率92%
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


メンターキャピタル


CoolPay(クールペイ)
請求書・通帳をカメラで撮影して送るだけ!!お手元の法人宛の請求書を最短60分で現金化できます
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


CoolPay(クールペイ)


チョウタツ王
30万円〜最大1億円まで対応!
売掛金の売却査定を複数企業へ一括見積もり出来る一括査定サービスです!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


チョウタツ王


資金調達プロ
10秒で完了!カンタン無料診断で、今いくら資金調達できるかすぐに分かる無料診断フォームを公開中です!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


資金調達プロ






【PR】


来店不要で原則無担保無保証
即日ご融資可能な
事業者向けビジネスローン

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


AGビジネスサポート



GMOあおぞらネット銀行の
融資枠型ビジネスローン
【あんしんワイド】

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

あんしんワイド

 

最大1億円まで融資可能!
審査は最短60分
来店不要で全国即日OK

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

アクトウィル

 

他社で借り入れ中でもご利用OK
最短即日でのお振込
大口の融資可能

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ファンドワン

 

「ぼったくられた」水回りの修理や鍵開けで高額請求!“レスキュー商法”が急増「困った人を食い物に」元従業員語った実態とは?【Nスタ調査報道】|TBS NEWS DIG

水回りの修理や鍵開けを請け負う業者が、暮らしの緊急事態につけ込み、高額な代金を請求する“レスキュー商法”がいま急増しています。業者の元従業員が明かした、巧妙な手口とは?

■「水道修理で33万円」高額請求!“レスキュー商法”

大阪府に住む堀越さん(仮名・50代)はある業者から高額請求を受けたと言います。きっかけは2021年8月。自宅の床下で突然、水道管から水が噴き出してしまった際にスマホで見つけた業者に連絡したことでした。

現在は削除されている業者のHP
・水のトラブル即解決、1000円から

高額請求を受けた堀越さん(仮名)
「とりあえず24時間対応っていうのと、すぐに連絡つきますみたいな感じで」

しかしこれが、思わぬ事態を招きます。自宅を訪れ、現場を確認した作業員。
簡単な説明をしたあと、水漏れしたパイプを撤去。新たなパイプを設置し、1時間ほどで作業は終了しましたが・・・

高額請求を受けた堀越さん(仮名)
「初めて見たとき、高って思いましたね」

業者が請求してきた金額はなんと33万円。明細を見ると、パイプ数十センチの交換作業に12万円かかっていました。「金額について事前に十分な説明もなかった」という堀越さん、工事をしてもらったという負い目を感じ、泣く泣く子どものための貯金を切り崩して全額を支払いました。

高額請求を受けた堀越さん(仮名)
「なけなしのお金やでって、正直やられたなって。ぼられたわっていう感じで」

■「材料代とすれば、100倍ぐらいとっている」明細を見たベテランたちは

33万円という工事費は、果たして“適正価格”なのか。取材班が訪れたのは、東京都の指定工事業者らでつくる団体。業界歴40年以上のベテランに明細を見てもらい「不当に高い値段を請求したと思う方は挙手をお願いします」と聞くと・・・全員が「高い」と回答。

東京都管工事工業協同組合 永島英俊 理事
「すべてが不自然」

東京都管工事工業協同組合 新家功一 副理事長
「中(明細)の書き方がいい加減な書き方ですよね」

不可解に感じたのは、交換したあのパイプ。業者は12万円を請求しましたが、実際の材料費は1200円ほどで済むといいます。

東京都管工事工業協同組合 宮崎文雄 理事長
「材料代とすれば、100倍ぐらいとっている」

東京都管工事工業協同組合 川口宏幸 理事
「間違いなく高いです。なんていうかですかね、詐欺に近い数字になっています」

合計33万円という金額は、果たして妥当だったのか。

業者はあらかじめ工事内容と料金について、十分な説明をしていたのか。
取材班が、業者の代表を直撃すると・・・

業者の代表
「ちょっといま運転中なんで、折り返していいですか?」

しかし、この後何度も連絡をするも、電話の応答はありませんでした。

堀越さん(仮)は返金を求め裁判を起こしていますが、業者側は「工事内容と費用について、あらかじめ詳細な説明をした」「過大な費用を請求したわけではない」などと主張しています。

実はいま、「暮らしのレスキューサービス」をめぐる高額請求トラブルが急増。

寄せられた相談
「トイレの修理で『390円から』と謳うネット広告をみて依頼したら、55万円の請求を受けた」
「契約を断れない状況にされ、作業内容もずさんだった」

■ぼったくり!?家の鍵を開けるのに「14万円」

「ぼったくりで詐欺だと思いました」こう訴えるのは、大阪市に住む月島さんです。(20代・仮名)

月島さんは、2022年1月、うっかり鍵を家の中に忘れて外出。玄関の扉がオートロックだったため、そのまま締め出されてしまいました。そこで慌てて検索し、見つけたサイトが・・・

業者のHP
・早い!安い!安心!
・鍵を開けたい!6000円~

高額請求を受けた月島さん(仮名)
「(当時)簡単見積もりみたいなアンケートみたいなの答えたときに、出た金額が6000円だったので、それを信じて、電話したような感じです」

電話をして間もなく、業者が到着。すると鍵穴を確認した作業員が提示したのは驚きの見積もり額でした。

高額請求を受けた月島さん(仮名)
「ネットで書いていた通り6600円と思っていたものが、14万円っていう」

想定外の高額請求に、悩んだ月島さん。でも、外は寒いし、家の中には愛犬もいる。

やむを得ず全額を支払ったと言います。

高額請求を受けた月島さん(仮名)
「パニックだし、考える暇もなく・・・納得はしていなかったんですけど、状況的には払わざるを得ない感じでしたね」

業者が請求した14万円という金額は、妥当なのか。そこで取材班は試しに他の業者に見積りを依頼することに。まずは、全国に90以上の店舗を展開し、日本ロックセキュリティ協同組合に加盟する「カギの救急車」。

カギの救急車 島津高広さん
「金額と内容を見ただけでも、ちょっと高額だと感じてしまいますね。仮に二つ開錠して、仮に交換したとしても、10万円を越えることはそうそうないかと思います」

また、同じく組合に加盟する別の鍵開け業者でも・・・

ムラタロックサ…()

▼TBS NEWS DIG 公式サイト 

▼チャンネル登録をお願いします!

▼情報提供はこちらから「TBSインサイダーズ」

▼映像提供はこちらから「TBSスクープ投稿」

タイトルとURLをコピーしました